★ 作業療法士 ★


作業療法士とは、厚生労働省の許可を受けて、作業療法を行う国家資格の持ち主です。 多くのリハビリ専門学校では作業療法に関するカリキュラムを学び、学生が国家資格に挑戦します。 では、作業療法士とは、どのような資格なのでしょうか。


作業療法士は、リハビリテーションを必要とする人に対し、身体機能や構造上の障壁を把握し、一般社会への参加を促すために作業療法によって手伝う人です。 作業療法とは、何らかの作業をすることで人々が日常生活へ参加できるために行います。 病院や保健センター、リハビリテーション施設、高齢者住宅のほか、一般家庭や職場でも作業療法を行うことが可能です。


たとえば、怪我や加齢によって、食事や排せつ、入浴などの日常生活を満足に過ごせないケースが出てきます。 また、家事や外出ができなくなってしまう人もいるかもしれません。 作業療法士は、さまざまな悩みを抱えている人に対し、作業療法を通じて適切な治療を行います。 リハビリ専門学校では、作業療法士を目指している若い学生たちに向けて勉強を教えています。 作業療法士を目指す方は、作業療法学科が充実している専門学校を利用し、資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。