★ リハビリ専門学校の役割 ★


超高齢化社会の到来に伴い、身体能力が低下して社会復帰に困っている高齢者も増えてきました。 このような問題を解消すべく、介護施設やリハビリテーション施設などがたくさん設立されています。 同時に、そこで働く人材を育成するため、リハビリ専門学校も登場しました。


ここでは、作業療法学科や理学療法学科がありますが、このサイトでは作業療法士と理学療法士についてご紹介します。 まずは、作業療法士から見てみましょう。彼らの需要は、病院やリハビリテーション施設などさまざまです。 このような場所で仕事をして、身体機能の低下で満足に社会を送れない人に対し、食事や排せつ、入浴などができるような状態を目指してもらいます。 作業療法を通じ、悩んでいる人の社会復帰をお手伝いする仕事です。 一方、理学療法士はもう少し身体機能的な部分に着目します。


ケガや老化で満足に機能しなくなってしまった身体の部位を回復させるため、電気刺激やマッサージなどの治療法を実施することが特徴です。 これによって、身体機能を回復させて作業療法士に引き継ぎ、障害に悩む人が日常生活へ復帰できるように努めています。 作業療法士と理学療法士のどちらも社会的に欠かせない人材です。 彼らのような存在を育成するため、リハビリ専門学校が存在し、超高齢化社会に立ち向かおうというのがいまの日本社会だと言えます。 まずはこのサイトを見て、理学療法士と作業療法士の違いについて学びましょう。


●リハビリ関連
専門学校に通い理学療法士を取ることをおすすめします。>>> 理学療法士